[エアアジア・ジャパン]中部・仙台・那覇も拠点空港に。成田から茨城への移行の可能性も

投稿者: | 2012年10月8日

[エアアジア]公式ホームページ

読売新聞では、エアアジアグループが日本路線を大幅に拡充する方針を明らかにしたと、報じています。
記事によると、現在は成田空港が拠点となっていますが、これを中部国際空港(セントレア)・仙台空港・那覇空港にも広げ、複数拠点で路線の拡充を目指すとのことです。

現在2機体制で運航されていますが、これを今後5年間で30機まで増やし、運航便数を大幅に増やす方針。
各拠点空港と海外を結ぶ国際線も拡充。2012年10月下旬からは、成田-仁川、成田-釜山の2路線が就航します。
このほか、エアアジアグループの拠点でもあるクアラルンプールから、成田以外の拠点空港への路線も就航を目指すとのこと。

成田空港については、23時~翌6時の飛行禁止時間がネックとなり、機体を効率的に運用することが難しいことから、茨城空港に拠点を移すことも検討しているとされています。

今後のLCC各社による路線拡充・増便などで、人の動きが大きく変わる可能性も秘めていそうです。

[エアアジア]公式ホームページ